プライベート用の名刺印刷

プライベート用の名刺印刷

私は仕事用とは別にプライベート用の名刺を使用しています。用途はおもに趣味関係で知り合った方に渡しています。別に仕事用の名刺でもかまわないんですが、なんか堅苦しい感じがして嫌なんですよね。もっとフランクな感じで相手とつきあいたいという意味もこめて使い分けています。

意外とこんな感じで使い分けている人は多いんじゃないでしょうか? 特にクルマやバイク関係、もしくはネット上で知り合った方とリアルであった場合など。今はプライベートでの名刺交換の場が多いですからね。

また、いきなり携帯電話の番号を交換しなくて済むというメリットもあります。会ったその日に遠方の方々全員の番号を交換しても連絡する可能性が全てにあるとは限りませんし、登録したところで「あれ、これ誰だっけ?」なんてこと良くありますからね。名刺ならそんな煩わしさもないし、もらった相手の特徴が名刺に含まれていたりしますからね。例えば自分の愛車やイラストなど。

プライベート用の名刺を使用している人は、大抵家庭用プリンタで出力しているんですが、私は専ら名刺印刷業者を利用しています。データは自分で制作して、印刷だけ業者にしてもらう感じです。

やりとりは全てネット上で行なえるので便利ですよ。それに値段も100枚で1000円前後。送料込みでも2000円以下で済むところがほとんどです。両面印刷や特殊印刷の場合は値が張りますがね。自分でインクやら用紙を買ってプリント、断裁という費用と手間を考えたら、全然お得なんですよ。家庭用のインクなんか特に高いですからね。

しかも、自宅のインクジェット印刷と違って網点印刷。この網点独特の表現感がいいんですよね。いかにも印刷製品という感じです。家庭用印刷機ではこの感じを表現することは出来ません。どうしてものっぺりとしてしまいます。

ランドクルーザー

DVD返却のために深夜の外出

夕食を食べ、お風呂に入って、さぁ寝よう…… と、いったところでツタヤでレンタルしたDVDを返却していないことに気がつきました。

レンタル袋内に入っているレシートを見ると、返却期限は今日。厳密には、そのときすでに24時を過ぎていたので昨日まででした。でも、ツタヤには返却用ボックスが店外にあるので、そこに投函して開店までに返却できていれば延滞料金はかかりません。

これから深夜のドライブに出かけてDVDを返却するか、おとなしく寝て起きてから返却して延滞料を払うかのどちらか。レンタルしているDVDの本数は6本。延滞料がかかってしまえば1000円以上の無駄な出費…… 勿体無いので返却しにいくことにしました。

ツタヤへは自宅から7キロほど。もっと近いところにレンタルショップはあるのですが、そこには返却ボックスがありません。こんな時のために返却ボックスあるのお店を利用していてちょっと良かったかなと。

今のレンタルショップはツタヤ以外も閉店時用の返却ボックスがあるから助かりますね。昔はこんなシステム広まっていませんでしたから、かなり延滞料金をとられたってもんですよ。

学生の頃は延滞ばかりでバイト代が削られまくっていました。調子に乗って新作4~5本レンタルしたは良いものの、「遊びに行こうよ~」と誘われればふらーっと出かけてしまいましたからね。それで観る時間が削がれてしまい、でも観ないで返却するのは勿体無いのでそれから返しに行こうと思ったら返却期限日閉店。翌日延滞料という感じでした。

しかし、レンタルの延滞料ってなんであんなに高いんでしょうね。今はDVD1本100円でレンタルできる場所もあるじゃないですか。でも、延滞料は300円とか。そんなたいした額ではないんですがね、レンタル料の3倍って考えたら高いと思っちゃうんですよ。

きっと、それくらい厳しい罰を設けないと返却しない輩がいるんでしょうね。